【小学3年生】九九でできる割り算は瞬時に答えられるようにすべし

3年生の算数のメインテーマと言っても過言ではない割り算。

割り算を3年生でしっかりマスターすることは、その後の学習をスムーズに進めていくために大変重要なことです。

掛け算をいちいち唱えているようでは…

48÷6

これを見た時、大抵のお子さんは、頭の中で「えーと、6の段で48になるのは…6×8だ!」

と考えて「8」と出します。

しかし時々、「はちいちがはち、はちにじゅうろく、はっさんにじゅうし……」と九九を唱え、6×8にたどり着くまで答えを出せないお子さんがいます。

これは要注意です。

こうやって答えを出す癖がついてしまうと、いつまでも速く計算が出来るようになりません。

特に学年が上がって、より大きな数の計算をするようになると、このような基本的な割り算は、瞬時に答えが出せることが前提になってきます。

その段階に入っても割り算が遅いままだと、「自分は計算ができない」という判断を自分に下してしまうことになるでしょう。
計算は算数・数学の基本ですから、計算が苦手だと、どうしても算数や数学が嫌いになりやすくなります。

そうならないようにするためには、このような基本的な割り算の段階で、しっかり素早い計算力を身に着ける必要があります。

 

どうして割り算がそんなに大事なの?

なぜ急に割り算なのでしょうか?1年生や2年生の足し算引き算や九九は?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、簡単な足し算引き算や九九までは、ある程度すばやく答えられるようになるまで、学校が面倒を見てくれることが多いです。

しかし3年生になると、テストでそれなりの点数がとれていれば先生に心配されることはなく、たとえ割り算が多少遅かったとしても、放っておかれることが多いのです。

お子さんの割り算のテストの成績が悪くなかったとしても、一度家で割り算を解く様子を見て、どんな風に解いているか、どの程度時間がかかっているか、九九をいちいち唱えていないか確認してあげてください。

 

出来ていない場合はどうすればいい?

もしかなり時間がかかっていたり、九九を唱えていたりする場合は、

「九九を唱えずに最初から答えが思い浮かぶように練習してみようか」

と声をかけ、一緒に練習してあげてください。

ネット上で無料で計算プリントが大量にダウンロードできるサイトもありますし、毎日繰り返し練習していれば、そのうち瞬時に答えが出せるようになります。

「繰り返し」が大事です。そうすることで、計算はおのずと速くなっていきます。

少なくとも今まで私が教えてきた子はそうでした。

 

まとめ

1年生、2年生で習う足し算、引き算や九九は、大抵のお子さんがスラスラできるようになります。

しかし、割り算に入った途端、急に計算が遅くなってしまうお子さんが多いのが事実です。

この「割り算」を得意にすることで、「自分は計算ができる」と自信がつき、もっと難しい単元にも自信を持って積極的に取り組むことが出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です