英語を親が教えるメリット

グローバル化が進み、今後ますます必要になってくる英語。小学生のうちから習わせるべきかどうか迷いますよね。

 

私は、言語の習得に向いている小学生のうちに、英語を教えることには賛成です。

しかし、嫌がるのを無理して教えたほうがいいとまでは思いません。

子どもが興味を示したら親が少しずつ教えてあげるという程度でいいと思います。

教室に通うのではなく、親が教えることを勧めるのには理由があります。

 

教室だと、退屈してしまう事がある

私は小学生のころ英語教室には通っていませんでしたが、周りの友達で英語を習っている子はたくさんいました。

その子たちがよく口にしていたのが、

「今日も英語だ~行きたくないなあ」

とか、

「英語つまんない」

という言葉でした。

なぜ行きたくない、つまらない、と感じてしまうのでしょうか。

 

英会話教室では、大抵マンツーマンではなくグループレッスンですから、一人一人の興味や進度に合わせて授業を行うことはできません。

そのため、全く興味のわかないことをやらされたり、自分はもうとっくに理解していることを何度も繰り返させられたり、逆に、分からないのにどんどん先に進んでしまったり…ということが起こりがちです。

これは英会話に限らず、集団形式の授業ではよく起こることです。

 

最近はマンツーマンの英会話レッスンもありますが、かなり高額ですよね。

そこでおすすめなのが、「親によるレッスン」です。

親は子供の興味関心を熟知していますから、その子の興味ある分野で英語を教えることが出来ます。

また、ペースも子どもに合わせられますよね。

また、教室だと、決まった曜日に必ず行かなければなりませんが、家で学習するのでしたら、やりたくない日にはやらなくてもいいですから、無理にやらされて英語自体が嫌いになってしまうということにもなりにくいです。

 

教えるほど親に英語力がない場合はどうすればいい??

教えるほど自分の英語力に自信がない、という親御さんもいらっしゃるでしょう。

その場合は、子どもと一緒に英語を勉強するつもりで楽しんではいかがでしょうか。

以下のサイトには、英語を総復習したい大人向けの文法解説や、英会話スクール(これも大人向け)の紹介が載っています。

必要な方は参考になさってください。

最速で英語脳を作りたいあなたへ。

 

具体的な教え方は?

小学生の段階では、ひとまず「英語の勉強を好きになる」ことが第一目標です。

「好きこそものの上手なれ」ということわざの通り、子どもは好きなことなら楽しく学習し、上達も早いものです。

ですから、「子どもの興味に合わせて英語を教える」ことを一番大切にしてください。

鉄道が好きなお子さんなら鉄道関連の英語をたくさん教えてあげれば喜ぶでしょうし、気づいたら日本だけでなく外国の列車の名前も沢山覚えている、なんてことになっているかもしれません。

鉄道は街と密接に関わっていますから、鉄道の話から街の話、さらに家々の話、お店の話…などとどんどん話を広げていくことが出来ます。

こうして自分の興味あることから始め、色々な話題の英語を教えることが出来るのです。

 

実はこれは、私の母が私に実践してくれた方法です。

私は音楽が好きだったので、ピアノや歌関連の英語を最初に教えてくれました。

そうするうちに私は英語の勉強が好きになり、小中高通して、私は英語が得意でした。もちろん大学生になった今も、英語はもちろん、私は語学の勉強が大好きです。

 

ですから、お子さんの興味を最大限に尊重し、そのうえで英語を好きになるよう、導いてあげてください。

 

この記事が、少しでもお役に立てば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です